明けましておめでとうございます。今年も皆様にとりまして幸せで、いいこと一杯ありますように。

大晦日は夫婦で雪山の蘇武岳を登り、新年の朝は湯村温泉で迎えました。心身ともにリフレッシュした年末年始でした。
去年一年間は母が他界した悲しいことがありました。私の人生において一番悲しい出来事でした。数ヶ月へこんで落ち込ん出いましたが、主人の支えがあり、ようやく立ち直りました。母を見送って、私はこれからの自分の人生に人生について真剣に考えました。人生は思ったより短い!100才まで生きることを信じて疑わなかった母、82才で人生を終えました。私は今58才、母の年まで後24年間あります。今までは自分はいつまでも元気で生きていけると勘違いしていました。かなり無理もしてきました。でも、限りある人生、どう生きる!具体的には、まずは母の年、82才までの24年間の人生プランを考えました。自分が世のため、人のため、家族のためできることはなにか。自分の得意分野、不得意分野が見えてきました。一番得意分野は発酵工学の技術者として漢方研究者の役目、そして十数年間蓄積してきた健康相談、がん患者のサポート。これらのことはこれからもっと力を入れて発展していきたい。すごく興味あって始めた鍼灸の勉強、一年間鍼灸学校に通いましたが、まだまだ自分にとって不得意分野、ここで鍼灸への道は断念する事を決意しました。
今年は中国での事業もスタートする事になります。日本国内事業もいい兆しを見せています。
いよいよ会社も自分も得意分野を、最大限生かせて、今年は飛躍的な一年にしたいと主人ともにワクワクしています。限りある人生、毎日を、充実にわワクワク生きて生きます。

さっそく明日から中国出張です。ハッピーな一年のスタートです。