庭の柊がきれいな花を咲かせています。

ヒイラギと読みますが、葉に鋭いとげがあり、

触れると痛いため、「疼ぐ(ヒイラグ)/ひりひり痛む木」が

柊になったといわれています。

庭木にするのは鋭いとげによって邪気を払うからだそうです。

その鋭いとげも老木になるに連れてだんだんなくなりますが、

幼木のときには動物に食べられないようにとげができ、

大きくなったらその恐れがなくなるのでとげもなくなるとか。

人間も、といっても、私も振り返ってみれば若いときには

人に対しても、目標に対しても結構とげのある生き方をしてきましたが、

還暦を過ぎると結構丸くなってしまったように気がします。

それがいいか悪いかは別にして、それが自然な生き方かとヒイラギを

眺めながらふと思ったものです。