夫が生前に残した手紙に支えられて19年
大切な人に素直な気持ちを伝えていますか?
心を届けるお手紙セミナー

講師のご紹介
村山順子さんは19年前に、愛するご主人を突然亡くしました。元気の姿で出張に出かけたご主人、出張先で帰らぬ人になってしまったのです。ご主人が亡くなる直前、順子さんのお誕生日の日に、手紙を書いてくれていました。 そのご主人の残した手紙に支えられ順子さんは51歳で起業しました。 「夫の手紙は、私に一生元気に生きる力を与えてくれました」と、村山さんは全国各地を回りながら「心を伝えるお手紙セミナー」を開催しておられます。

講師:     村山順子先生
主催:     NPO法人 WAHAHAの会
期日:     2015年9月26日(土曜日)
時間:     午後1:30~4:00
場所:     姫路市勤労市民会館 第6会議室(4階)
参加費:    会員1,000円  非会員 1,500円
お申込み先:  電話 079-287-0878
電話 079-287-0877
お申込みの締切:9月24日
お手紙を書くペンをご持参ください。便箋はご用意いたします。

参加者誰もが胸の奥底から感じる共感、感動。今まで気づかなかった親、兄弟、夫婦、子供、お世話になった方々への愛と感謝の気持ちが込みあがってくる!お手紙を書きながら涙が止まらない感動のシーンが目の前に・・・

久しぶりに感動の涙で心を「浄化」してみませんか!