親友の村山順子さんから本日暮らしの学校便りが送ってこられましたが、運について書かれていました。

運の良い人の法則

・運は人徳、すなわち人間性で決まる
・運の良い人は人の役に立つことをしている
・運をよくしたいのなら良い人と付き合う
・運をよくするには良いことを積み上げる
・恩を受けた負債を返すことが運をよくする
・神様に好かれると運が開ける

エベレスト登頂成功した主人、木元正均さん世界最高峰8848メートル山頂から五体満足で生きて帰ってきた男、運が強い男です。でも偶然ではないと思うことが多々あります。
運のよい人の法則の中の、運を受けた負債を返すことが運をよくする、主人にぴったりです。
主人が大学と大学院のときにお世話になった指導教官申先生(中国吉林大学教授)が亡くなられたことを後で聞かされ、お別れができなかったことを申し訳なく思っていた主人。偶然に恩師の娘さんが出版された本に出会い、出版社を通してその娘さんの連絡先を聞き出し、このたび恩師の娘さんご夫妻を中国から日本に招待しました。日本でのすべての費用を主人が負担して4月3日から明日の7日まで五日間姫路、奈良、和歌山、大阪など泊まりかけで案内しております。こんな忙しい時期に仕事をほったらかしてって、文句を言いたいですが、主人のそのような性分をわかっているから、理解するしかないと思います。まさに、恩師への恩返しを娘さんにまでする主人、誇らしいです。