9月27-28日、上海中医薬学大学海外健康合作基地、六甲山難病回復施設「内外同治館」で一泊2日がん患者の研修会を行いました。主催者はNPO法人WAHAHAの会。参加者はがん患者、がん経験者、家族、スタッフ系13名。

今回の研修会の目的(主旨)は、

・中医学の養生思想、「養気、養神、養精」に学ぶ養生法を習得する

・がん患者、家族同士の交流、仲間づくり、がん経験者から学ぶ

・六甲山パワースポット、神聖なる森林道場で心と体を癒す

・自分が主役でがんに立ち向かう認識、信念、目標を明確にする

主な研修内容は

セミナー・講演

  •  上海中医薬学大学名誉教授孫樹建先生の講演:

       「中国医学の養生観、内外同治のがん治療へのアプローチ」

  •  がん経験者、春名伸司さんのがん体験談:「末期がんを乗り越え100才を目指す」
  •  乳がん経験者永富左江子さんのがん体験談:

「乳がん再発率93%に挑戦ー私が実践した食事について」

気功・瞑想

  • 横山和明先生の気功、仙道の築基法(小周天など)
  • 春名伸司先生のかくりん気功
  • 三鍋和美先生のイメージトレーニング、瞑想

施術、治療

  • 横山和明先生のチネイザン(腸揉み)、中医推拿指圧治療
    • 春名伸司先生の手当(ショウガ、サトイモ手当、ビワ葉温熱手当)
    • 中島繁紀先生の鍼灸治療、美容鍼治療

食事(三食、主食は原種の朝日米の自然栽培米、お野菜、果物、調味料は自然にこだわる山田ストアで購入したものを使用)

その他、黒石温熱ドーム、酵素温泉、6度ペット自由使用

薬膳茶飲み放題

参加者全員にアンケートを行いましたが、皆さんから喜び、満足の声をいただきました。次回は全員参加します、との回答を得ました。今回の実施経験を踏まえ、来年も六甲山施設で有意義な研修会を企画したいと思います。