今日ロシアに戻る娘が、自分がいる時に父の日の祝いをすると言って

一席設けてくれました。ふれあい山歩こう会の登山の日でしたので、

山の帰りは疲れているからと断りましたが、娘の気持ちでしたので

従うことにしました。

睦月という初めての店でしたが、次々と出てくるコース料理に歓声を上げながら

杯を重ねました。これからは自分たちの出番だから、お父さんとお母さんは

仕事は楽しむ程度にして、健康第一で過ごしてほしいと何度も念を押されました。

お父さんとお母さんが昔お祖母ちゃんの健康を案じていた心境、それが今の私の

気持ちですという娘の言葉に胸が熱くなりました。孫の話まで出てきたので、

なるほど責任重大と内心思いました。私も、家内も、娘も生まれたときに

おじいちゃんがいませんでした。そのさびしい思いをこれからの孫には絶対

させまいと心を新たにしました。

一昨日の土曜日には尼崎で開催された童心塾に参加しました。

童心塾は滋賀県長浜で開催されますが、「実践人の家」の理事長で、

童心塾長の廣瀬童心先生が、森信三先生の旧家で、「実践人の家」の

事務所で特別開講しました。

「笑顔」がテーマで一人ひとりの感想が終わった後、童心先生が一人一人の

発言にコメントしながら、古今東西の事例を挙げて、「童心節」を披露しました。

童心先生の配慮で、ミニエベレスト講話をさせていただきましたが、笑顔が一番

課題の私にとっては、願ってもない勉強会でした。「実践人の家」の前には、

森信三先生の「人生二度なし」の石碑が立っていました。

森信三先生人生二度なし