ふれあい山歩こう会第90回の例会は天孫降臨の高千穂でした。

5月29日午後7時半神戸出航の宮崎エキスプレスに乗り、船で一泊したら

翌朝の8時40分宮崎港に着きました。

すでに待機していたバスに乗り、一直線に高千穂へ。

登山開始して間もなくあいにくの雨。

溶岩砂で一歩上げれば半歩下がる大変な登山でしたが、参加者全員が

御鉢のところまで登りました。

霧島ツツジがきれいに咲いていました。何もない溶岩の中かに根を張って

綺麗な花を咲かせる高千穂の霧島ツツジの生命力に感動してしまいました。

霧島溶岩見山躑躅

 

 

 

 

 

 

 

雨足が強くなってきましたので、A班とB班に分かれ、A班15名は山頂に向かい、

B班16人は下山しました。山頂には伝説の逆鉾が刺さっておりました。

おかげさまで全員無事に下山し、霧島温泉で汗を流し、霧島神宮を参拝しました。

帰りの船の夕食は盛り上がりました。この船はビール以外は持ち込みOKでしたので

皆さんそれぞれお酒とつまみを持参し、心行くまで騒ぎました。

私も珍しい中国のお酒一本とウィスキー一本を持参し、皆さんの普段の協力と応援に

感謝し、登山の労をねぎらいました。

翌朝の7時半ごろ神戸港に着き、電車で姫路に戻りました。

天孫の生まれし山のツツジかな⇒正均