今徳島に来ています。

15日と16日は徳島で、17日は愛媛で講演します。

18日から22日までは中国出張ですので一週間以上留守します。

昨日清峰流猶興吟詠会秋季考査がありました。

もう昔のように足が震えることはありませんが、普段稽古を

よくさぼりましたので、そのまま反映されました。

自分自身も納得のいかないくらいダメな発表でしたが、

なんとか一級に昇格していただきました。

上手になりたい気持ちはやまやまですが、怠けと仕事で

なかなか稽古ができません。このままいくと後から始めた

会員さんにどんどん追い越されていきます。

焦りの気持ちが無きにしも非ずですが、仕方がないと

半分あきらめています。

あと10年ほど何とか続けたいと思います。

家内は昨日仕事で考査会に参加できず、一級に昇格できませんでした。

これは他人事でなく、来年先には私の番になるかもしれません。

ただ詩吟を通じて日本文化にふれながら、楽しく詩吟を勉強していきたい

思いに変わりはありません。

昨日の師範、上師範、大師範の先生たちによる、正月から、春夏秋冬の

企画構成吟は素晴らしかったです。

その季節にピッタリの漢詩を吟ずることによって、詩吟の良さというか

素晴らしさが一層魂に迫ってくるような気がしました。

最後の大師範、総師範、宗範、宗家先生の朗吟は芸術的でした。

いつもながら宗範田中先生の詩吟にはすっかり感動してしまいました。

沢山のことを学ばせてもらった考査会でした。