10月3日は登山の日です。

日本山岳会が1905年(明治38年)10月に発足したことと、「と(10)ざん(3)」(登山)と

読む語呂合わせから1992年日本山岳会が制定したものです。

山に登ることで雄大な自然に触れ、自然の素晴らしさを知り、その恩恵に感謝する趣旨

とか。

今年の登山の日は孫とのハッピータイムで山に行けなく、山とは無縁の一日になると

思っていたら、東京の甥御二人が東北の最高峰、日本100名山燧ヶ岳から登頂の写真

を送ってきました。

兄のマイケルは大学時代に山岳クラブに入り、山のイロハを覚えましたが、今は現役

大学生の弟フィリップを連れて兄弟登山を楽しんでいます。

12年前の一昔前、前日会津駒ケ岳でうなじをスズメバチに刺され、なんとかふもとの

病院で救急措置はとれたものの痛みが取れず、大変な中を夜中に出発し燧ヶ岳を

目指しました。

そのまま尾瀬に下り、17キロの木道を渡って至仏山登りました。

休む間もなく下山、木道を引き返し、燧ヶ岳山ろくの駐車場にたどり着いた時には夜の

9時半ごろでした。家内の言葉を借りればきちがいみたいな登山でした。

甥御たちの登山メールで、昔登山の思い出で感無量になり、有意義な登山の日を

過ごすことができました。