去る10月14日、15日は地元七村の「灘のけんか祭り」でした。

13日は前夜祭がありますが、私たちは近くの榎さんの豪華なふぐ鍋で

祭りの幕を開けます。

14日は宵宮ですが、私は30会(昭和30年生まれの同窓会)の集まりで、

祭りの気勢を上げます。

15日の本宮は、お客さんを松原神社に案内したり、桟敷で皆さんとわいわい

するのがしきたりになりました。

今年は地元の妻鹿が練り番でしたので、本番の練り合わせの先陣を切って

はなやかな三基の神輿合わせで観衆を喜ばせてくれました。

練り番の時は早朝4時ごろから心身を清めるため、みそぎの行事である

「潮かきの儀」を行いますが、7年前の練り番の時は市川の河口に入って

行いました。結構寒かったので大変だったのを今も覚えています。

今年は臨月に近い娘がどうしても桟敷で観戦したいというので、

お客様は呼ばず身内の8人全員が警護員になってなんとか無事に桟敷観戦を

終えることができました。

昔から娘は祭りが大好きでしたが、ここまで桟敷にこだわるとは、

気をいっぱい揉みながらも感心したものです。

祭りが無事に終わりやれやれですが、これで生まれてくる孫は正真正銘

お母さんのおなかの中の時から祭りに参加したことになります。

「一年間蓄財して祭りの二日間に散財する」

私たち親子三人は、すっかり灘七村の、特に妻鹿の皆さんの情熱、豪快、

奔放、親切の結晶である「けんか祭り」の虜になってしまいました。