10月14日、15日二日にわたる「灘のけんか祭り」はよい天候にも恵まれ無事終了

しました。10月13日の前夜祭では、祭りの大先輩のいつものフグ鍋で気勢をあげ

させてもらいました。

14日の宵宮では急遽の注文で一日中作業することになり、約束した祭りは流されて

しまいましたが、15日は遠方から知人友人が駆けつけてくれ、楽しい本宮でした。

午前11時ごろ白浜の宮駅で皆さんと集合し、松原神社にお参りしました。みなさん

妻鹿の鉢巻きをして祭り参戦本格ムードに入りました。宮入の各村の屋台練りの

迫力にみなさん一気にボルテージアップしました。

それから祭りのクライマックスが展開される広畑の桟敷に戻りお弁当タイムです。

最高の観覧席とは言えませんが、マルセイの桟敷は南側のそこそこのところにあり、

皆さんに喜んでもらっています。

もちろん最高のお弁当と最高のお酒でおもてなしさせてもらっていますが、何よりも

欠かせないのがビタミン愛だと思います。

今できる最善を尽くすのが何よりのプレゼントです。みなさんそれぞれ高知、高松、

京都、豊中からですが、すぐ溶け込んで勇壮な屋台の練り合わせを堪能しました。

皆さんの声援が伝わったか今年の妻鹿の屋台は例年になくよく頑張りました。

妻鹿の屋台が他の村の屋台に練り勝つたびに皆さんは大きな歓声をあげました。

去年は娘のお中から祭りに参戦した孫も今年はババに抱かれて祭り参戦です。

皆さんのおかげで今年は本当に楽しい有意義な祭りを堪能できました。

皆さん本当にありがとうございました。