昨日稲美町生きがいセンターで清峰流詩吟春季発表会がありました。

一回目の昨年9月よりは増しでしたが、やはり緊張したか足が震えました。

エベレストの絶壁を上り下りしたときも、1000人の聴者を前に講演する時も

足が震えませんでしたが、やはり自信のないことを大勢の人の前でするときは

足が震えるものでそうか。

おかげさまで無事に3級から2級に進級させていただきましたが、

あらためて吟詠時間2分間のすばらしさと難しさを実感しました。

一昨日は午前詩吟、午後俳句でしたが、先生の句評が終わらぬうちに会場を後にし、

年に一度の姫路市倫理法人会経営講演会に参加し、夜の部の懇親会まで続きました。

愛媛県松山市(株)TAMU田村専務の「マイナスからの出発」講話も素晴らしかったですが、

安倍昭恵さんの話として「主人は、家庭の幸福は夫の降伏といっています」のことばが

妙に気になりました。

去年は俳句の勉強会に2回しか出ませんでした。俳句が私か逃げようというか、

私が俳句から遠ざかれるというか、かなりの危機感を覚えましたので今年は

出来るだけ参加を心掛けています。先生と句友達の顔を見るだけで俳句を

やってよかったなあとほっとします。

詩吟も参加できない日が増えてきていますが、出来る限り頑張ろうと

心を新たにしました。

(写真:2分という短い吟詠時間に、一年あるいは人生が凝縮されていると

あいさつされる田中昭夫会長)