今朝5時30分ごろ地震がありました。家内と二人でお旅山へ登る途中でした。

急に大きな地鳴りがし大きく揺れました。

かなり大きな地震とわかりましたので寝ている娘が気になってすぐ家に戻りました。

娘も驚いて起きていました。すぐテレビをつけましたら震源地が淡路島になっており、震度6とありました。

すぐ淡路島の友人知人に電話を入れたら予想外にすぐかかり、大きな被害はなかったとのことでした。ホッとしました。

それから震度5の徳島、香川と和歌山、大阪の方たちに電話を入れました。みんな無事でした。

今回は揺れが10秒ほどで短かったので大きな被害なかったそうです。

 
18年前の阪神大震災の時も姫路は震度4でしたが、ベッドから突き上げられるほど大きな振動でした。

地震雷火事親父の意味を痛感させられました。

当時中国から多くの電話をもらいましたが、なんでも捨ててすぐ中国へ戻りなさいとの電話も結構ありました。

その時は少し動揺がありましたが、今は何が起こっても私たちの棲家は姫路です。

姫路に来てもうすぐ23年になりますが、21歳でふるさとを離れましたので、姫路が名実ともに第二のふるさとから進化しようとしています。

 
葉桜や地震雷火事親父⇒正均