今日はクリスマスです。

娘が小さかった時には、クリスマスプレゼントなどで

楽しい思い出が沢山ありますが、娘が巣立ってからは

夫婦二人だけのクリスマスとなりました。

顧みれば、母のクリスマスに対する意気込みは

すごいものがありました。

特にクリスマスイブには夜遅くまで教会にいたので、

もう終わっているだろうと迎えに行った私も一緒に

楽しませてもらったりしました。

私が住んでいる妻鹿ではお正月よりけんか祭りの方が

もっと大事で、「一年蓄財してけんか祭りで散財する」まで

言われていますが、母がまさにそうでした。

私たち兄弟からもらった小遣いを貯めては、クリスマスに

教会に献金していました。母のお金だからどこに使おうと

母の自由ですが、そこまでしなくてもの思いが無きにしも非ずでした。

今にしてみれば、これも母への懐かしい思い出となりました。

天国の母に「メリークリスマス!」言ってあげたいと思います。