連日の豪雨で東北地方・関東地方が大きな水害を受けました。

あんなにおとなしくちょろちょろ流れていた鬼怒川が、

怒涛の勢いで堤防を決壊させ、町中を呑み込んでいくのを

信じられない思いでみていました。

雨が降らなくても人間は困りますが、降りすぎても困りますね。

今回の水害で遭難された方方のご冥福を祈念申し上げますとともに

家を流された方、田んぼを流された方方に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く元の生活に戻らんことを願ってやみません。

今日は午前中は詩吟で午後は俳句でしたが、今回の水害の句も結構出ました。

鬼怒川の あふれ流れて 鬼の子鳴く⇒正均 (悲痛の想い)

鬼怒川の 水暖かき 秋の空⇒正均 (復興の願い)