春山登山は聞こえはわくわくしてきそうですが、

かなり危険をはらんでいます。

先日邦人がヒラヤマトレッキングで滑落して遭難し、日本の山でも

遭難事故が連日報道されています。

春山は1000mを超すとまず冬山登山の装備で出なければなりません。

また、春山の雪は結構水分を含んでいるので、歩きにくく足を取られたり、

腰まではまってしまったり、結構体力を消耗します。

一昨日久しぶりで家内と但馬の蘇武岳に登ってきました。

たかが1070mの山ですが、山頂付近にたどり着いた時には、大吹雪になり、

目の前の山頂をあきらめて下山しました。

冬の装備でアイゼンも用意しているから、ここまで来たからにはの思いが

無きにしも非ずでしたが、迷うことなく下山を決めました。

蘇武岳は植村直己さんが中高生時代に登山のいろはを学び、足腰を鍛えた山で

有名ですが、3年前大晦日夫婦登山で登ったことがあります。

その時は南側の村田コースから登りましたが、今回は反対側の名色コースから

登りました。半分以上が林道で登りやすかったですが、標高差が800mほどあり、

往復14㎞の山行は結構きついほどです。

去年はお正月に南の国へ行ってきましたので雪とは無縁でして、今年は孫の世話で

お正月登山ができませんでした。

今回も孫との時間を入れていましたが、前日になって急きょ時間が開きましたので

躊躇なく但馬の雪山を決めました。

体力は結構落ちていて、リュックがだんだん重たく感じてきましたが、やはり雪山に

差し掛かると、興奮とファイトがわいてきてますます面白くなってきました。

久しぶりの山頂付近でのラーメンも格別の味がしました。

近くにお旅館でゆっくり汗を流し、山の幸海の幸で疲れて体をねぎらいました。

言うまでもなく地酒の熱燗は家内とのディナータイムを倍以上伸ばしてくれました。

翌朝起きてみたら屋根が雪で白くなり、昨日まで裸の姿だったスキー場のゲレンデが

まっしろな雪に覆われていました。

昨日早く下山してよかったとあらためて感じた瞬間でした。