一週間近く故郷へ行ってきました。

行くたびに驚かされますが、故郷は確実に近代化に向かって猪突猛進しています。

高層ビルだけでなく、環境衛生や人々の教養、自覚性、健康意識が確実に

向上しています。

私が昔住んでいたような茅葺の見すぼらしい家は国の補助もあって強制的に

煉瓦造りに瓦葺の家屋に代わりました。

都会では道路脇のコンクリートの歩道を一律に大理石の歩道に変える工事の

さなかです。それも下地にコンクリートを打ってその上に分厚い大理石を敷きます。

昔早朝の運動は、太極拳、健康体操といった単調な運動でしたが、今は現代ダンスに

古代舞踊まで趣味本位の多様性です。

里帰りといえば何となく田舎へ帰るような感じでしたが、故郷が姫路を逆転する日が

遠くないような気がしてなりませんでした。