今年の24時間テレビ「愛は地球を救う」も感動的でした。

~人と人と、ともに新たな時代へ~をテーマにいろんな分野、いろんな角度から

今年で42回目ですが、番組の目玉はなんといっても100キロマラソンです。

不可能を可能にすることを、身をもってチャレンジするものである。

これまでに多くの有名人が参加し、時間内にゴールインして、視聴者に一方ならぬ

感動を与えました。

中には、完走できなかったり、完走はしたが、時間に間に合わなかったりする人も

いましたが、それでも自分の限界に挑戦する姿は見事なものでした。

今年は、人と人をつなぐことを出したかったか、駅伝式に3人のランナーがたすきを

つなぎました。

視聴者の皆さんはどう感じたかわかりませんが、私はちょっと失望してしまいました。

自分の我慢の限界に挑戦するには、いくら大変でも42キロほどではたかが

しれていると思わざるをえません。

42キロからくる痛みと100キロからくる痛みとは、単純の2.5倍ほどではなく

25倍以上の差があるからです。

その極限に近い痛みに耐えながら、ゴールを目指すランナーの姿にどれだけ多くの

視聴者が勇気と感動を覚えるか、その効果は計り知れません。

ちなみに、いつかは一遍言いたかったですが、24時間で100キロは、

走らなくても、歩いても十分可能です。

走る途中で休んだりする時間を省けば、実際走る時間は何時間だろうと

思うときがあります。

100キロくらいなら、歩いても20時間を切る人が100キロ歩け歩け大会には

ざらにいるからです。

来年の番組ではこういうところも考慮して、距離と時間とランナーを決めていただき

たいものです。