去年も今年も花見ができませんでした。

申太海先生の娘さん申英慧さんご夫妻が姫路に来られた時、

桜とツツジが今一つでした。

申英慧さんがツツジが好きだというので私の龍野工場から

3キロの龍野公園童謡の小径に行って写真を撮り送りました。

初めての論文で吉田金彦教授に認められた私はすぐ日本語語源大辞典の

任務が課されました。吉田先生は歴史文化的角度から日本語の語源を

証明していこうとしていました。特に中国雲南省のお米作りの歴史に

関心を寄せていました。

私は中国語、ハングルができていたから吉田先生のいい助手になれると

独りよがりに喜んでいました。

それが前述したようにお金の誘惑に負けてしまい、申太海先生を二度

裏切り、吉田金彦先生を見事に裏切ることになりました。

私の就職に関し、吉田金彦先生は立派な推薦状を書いてくださいましたが、

内心は学問よりお金を選んだ私に大いに失望されたに違いありません。

それでも吉田先生は私のエベレスト講演会と祝賀会に88歳の御高齢で

京都から姫路までご足労頂き、よく頑張ったと励ましてくださいました。

(つづく)

龍野公園躑躅と桜