先週の土日は私たちが尊敬するK会長の奥様のお通夜と告別式に

参加しました。

帰りにもらったお礼状を読んで胸がジンとしてきました。

普通のお葬式のお礼状は決まった文句ではじまり、また

決まった文句で終わりますが、Kさんは礼状の冒頭を

「一言でいえば妻×××は良妻賢母でした。」で始めました。

「欲を言えばもっと生きてほしかったですが、妻の一生は

幸せだったと思います。」この短い一言にKさん夫婦の深い

愛情と堅い絆、幸せな晩年が凝縮されていました。

「これからは家のことも子供のことも近所のことも何も

心配することなくゆっくり休んでください」と結びました。

Kさんの義理人情深く裏表なしの素直な心がにじみ出るような

お礼状に家内共々深く胸を打たれました。