史上最強ともいわれた台風10号は、九州全域を暴風域に巻き込んで北上しました。

最強瞬間風速は秒速80mを記録したというから、その破壊力は想像がつかないくらい

恐ろしいものです。被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

一般的には風に向かって歩きにくい秒速13.9~17.1mくらいの風を強風と言い、めった

に起こらない広範囲の破壊を伴う秒速28.5~32.6mくらいの風を暴風というそうです。

大体の方は強風は体験していると思いますが、暴風は体で経験しないとその恐ろしさ

が伝わりにくいかもしれません。

平成3年19号台風が九州に上陸し、日本海に抜けた後北海道に再上陸して甚大な災

害をもたらしました。特に青森でも秒速50m以上の暴風でかの有名な青森りんごが

ほとんど全滅しまし、りんご台風の異名まで持つようになりましたね。

その時熊本の阿蘇で最大風速60mを記録したといわれてますが、来日して間もない

私も姫路で秒速30mほどの台風の洗礼を受けることになりました。

隣の屋根から飛んできた瓦が家内と住んでいた借家の窓を打ち破り雨風がすさまじい

勢いで家の中に入ってくるときは、本当に怖かった。それも真夜中で全く初めての

経験でしたからなにをどうしたらいいか全くわからず途方に暮れていたのを今も鮮明に

覚えています。

でもこの時の体験が20年後エベレスト挑戦に役立つとはだれが想像したでしょう。

8848mのエベレスト山頂付近の最高瞬間風速は90mくらいでゼット気流と呼ばれて

いますが、7500m付近に風口(風の通り道)というところがあって、秒速30mくらいの

風に遭遇したことがありました。顔を反対側に向けても息ができないくらいで、一瞬風が

弱まる時を待って息をする、風に飛ばされないように雪面に体を密着させロープに

縋りついているのがやっとのことでした。

強風と暴風を身をもって経験したエベレスト挑戦でした。