本日姫路総社会館で姫路青門4句会合同記念大会がありました。

紫陽花、寒椿、白百合は45周年で、私がお世話になっている城乾句会は

35周年を迎えました。

本来ならば、私は6月6日が大島トライアスロンで、今日の大会には参加できない

事になっていました。それが、トライアスロンをやめたので参加することになりました。

姫路青門は14の句会があり、これまでは私が最年少でしたが、今日参加してみたら

44歳のイサオさんが最年少で、俳句に対する情熱がひしひしと伝わってくる青門の

ホープです。

大賞は「戦い無き七十年の植田風」で、大阪の小寺昌平先生でした。

小寺先生は全国版「青門」の編集者でした。

大いに勉強になり、刺激になった記念大会でした。

ちなみに私の句は「平成の白鷺翔る姫路城」でした。

句会の後は宴会です。86歳の句友が「荒城の月」を踊ったり、

83歳の句友が「瀬戸の花嫁」を熱唱したり、各句会ごとに合唱したり

盛り上がりました。中でも一番よかったのは「脳トレに一番良いのは

俳句だとこの間の新聞に載っていました」との、簡潔で力強い井上志郎先生の

あいさつでした。私もトップバッターで「富士山」を詩吟させていただきましたが、

普段の努力そのままで、納得のいく詩吟になりませんでした。

志郎先生から勇気とパワーをいただき、大勢の句友に励まされた記念大会でした。