昨日は24季節の啓蟄です。

冬眠中の虫たちが春に備えて寝返りを打つとか。

昨日大阪シェラトン都ホテルで半頭大雅老大師猊下の

卒寿とご著書「長岡禅塾」出版記念会が開かれました。

老大師は長岡禅塾三代目の塾長を半世紀以上務められました。

長岡禅塾は双日グループの前身日商岩井グループの社長勉強会の

一環として産声を上げましたが、今は若い大学生、大学院生を対象に

英才教育?をメインに行っているようです。第6代姫路獨協大学学長

大塚健洋教授も若かりしとき長岡禅塾で学ばれたそうです。

会場で図らずもお目にかかりびっくりました。

老大師様に30分ほど提唱をしていただきましたが、

私にとってはわかるようなわからないようなお話でした。

これが禅の奥義でしょうか。隣にはバームクーヘンで有名なマダム信子さんが

座り、楽しくお話しさせていただきました。相変わらず60代には見えない

スタイル抜群の美人でした。

200人余りの参加者で会は大いに盛り上がりました。

啓蟄や大地動かす虫の蹴り⇒正均