今日姫路地場産ビルで腰塚勇人さんが主宰する

命の授業・共志道⇒第3回全国校長等研修会が開催されました。

40人の小中高等学校の校長先生、元校長先生らが集まりました。

腰塚さんは元中学校先生でしたが、スキーのアクシデントで

首の骨を折り、下半身不随となりましたが、奇跡的に現場復帰を遂げました。

自分の体験談をメインに「命の授業」の講演会を全国展開し、すでに

1500回以上の講演会で50万人以上が感動の涙を流しました。

腰塚さんの5つの誓いを全国に広めようとして共志道の皆さんが集まりました。

1.口は人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう・・・

2.目は人のよいところを見るために使おう・・・

3.心は人の痛みがわかるために使おう・・・

4.耳は人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう・・・

5.手足は人を助けるために使おう・・・

下関市教育委員会全教育長波佐間 清さんと愛知県豊橋市富士見小学校元校長

大竹良夫さんが命の授業の実践報告をし、私が「エベレスト山頂から、お母さん

生んでくれてありがとう!」の記念講演をさせていただきました。

腰塚さんとは新宮運送の木南一志さんを通じてご縁をいただき、たまには一緒に演台に

立つときもあり正うが、今回姫路での開催を機に講演依頼をいただきました。

私自身今回の研修会を通じて、腰塚さんの5つの誓いを実践しながら生きていこうと

心を新たにしました。