昨日姫路プラザホテルで吉中軍団の皆さんと私と家内で吉中静子さんを

偲ぶ会をしました。

吉中さんが好きだったカサブランカの花と吉中さんと吉中軍団と私たちが

一緒に撮った写真をバックにランチをしながらこれまで共にした12年間を

振り返りました。

吉中さんとの出会いは、平成19年3月31日姫路プラザホテルで開催された

木元聖花著「免疫を高める漢方養生」出版記念会でした。

余命宣告を受けたご主人に希望と新しい命を与えてくれたと、周りの知人友人に

家内の本を配り、それで賛同の皆さんをマルセイ、木元聖花、木元正均のイベントに

連れてくるようになりました。その皆さんを家内が「吉中軍団」と名付け、それから

吉中軍団の本格的な活動が始まりました。

「こころの新年会」「こころの七夕祭り」では、毎回手作りのおでんやかす汁、赤飯を

振る舞い、最後は吉中軍団を中心に「炭坑節」を踊りました。

WAHAHAの会やいろんな講演会では、いつも受付や本の販売などで応援して

くれました。姫路城⇒大阪城100キロウォークでは朝7時に大阪城で私たちを待って

くれました。吉中さんと吉中軍団のおかげで、夫婦で高校制服を着せてもらったり、

ウェーディングドレスを着せてもらったり、本当に楽しい思い出をたくさん作って

いただきました。

最後は吉中さんのご冥福をお祈りし、吉中軍団の皆さんのご健康を祈念して

姫路プラザホテルを後にしました。