11月に入ると喪中はがきが毎日のように届きます。

今年は人生の師として仰いできた二人の恩人を始め、多くの友人知人の訃報があり

ました。私も高齢者行列に入りましたから、30年前に来日してすぐご縁をいただいた

方たちもかなりの高齢者になり、この自然の営みだけは致し方がないと思いながら

悲しみに耽ったりしているこの頃です。

今朝の姫路市倫理法人会モーニングセミナーで涙ぐましい講話を聴き、一宮電気秋田

社長の庭園に立っている三流主義の石碑を想い出しました。

配られた講話レジメに「今までで一番泣いた日」という項目があり、講話者がどれだけ

大きな挫折か大きな感動を受けたか気になっていましたが、実は一番の親友に亡くなら

れた話でした。友のためにこれだけ涙を流す、言い換えれば本当の意味での親友が

いたその話が聞けただけで今日は幸せです。

姫路が生んだ哲学者和辻哲郎は、人は一生のうち一人でも心を共にする友人がいれ

ば、その人は幸せであると言っていますが、まさに秋田邸の三流主義精神を心新たに

したハッピータイムでした。