去る12月7日は詩吟教室の忘年会、そして14日は俳句教室の忘年会。

詩吟教室は尊敬する田中先生ご夫妻を囲んで和気あいあいに、お酒を飲みながらの

忘年会でしたが、俳句教室は卆壽をとっくに超えた井上先生を囲んでのお酒なしの

お弁当だけの忘年会でした。

お酒を酌み交わしながら一年を振り返るのも素晴らしいですが、お酒なしでの、俳句の

稽古メインの素朴な忘年会も我が城乾句会のらしさがあり、よかったです。

正に蘇軾(蘇東坡/1036~1101)の「飲湖上初晴後雨/湖上に飲すれば晴れ後雨」の

詩のように 西湖は晴れの日も雨の日も風光明媚で、西施はお化粧してもすっぴん

でも美人であるように、楽しくて有意義な忘年会はお酒があってもなくてもすばらしい

ものですね。 

 蘇軾の詩をご紹介します。

「飲湖上初晴後雨/湖上に飲すれば晴れ後雨」  蘇軾

水光瀲艶晴方好/水光瀲艶として晴れてまさに好し

山色空濛雨亦奇/山色空濛として雨も亦奇なり

欲把西湖比西子/西湖を把って西子に比せんと欲すれば

淡粧濃抹総相宜/淡粧濃抹総べて相い宜し

写真は8年前の井上先生のマジックショーですが、残念ながら今回は携帯を忘れて

行き、いつもの先生のマジックショーが撮れませんでした。

詩吟と俳句の忘年会はいつまでも続くことを願ってやみません。

卆壽超え なおはつらつと 師走句座   正均