庭の梅の花がきれいに咲きました。

菅原道真公の「東風吹かば匂いおこせよ梅の花主なしとて春な忘れそ」に因んで

故郷を忘れないように、20年前に今の家を購入したときに植えた梅です。

顧みれば、今年はエベレストに登頂して10年になり、会社の事務所、工場、自宅

三位一体不動産を購入して20年になり、私が日本の土を踏んで30年になります。

十年ひと昔と言われますが、日本に来てあっという間にそれが三回繰り返されま

した。日本に来たばかりのことを想い出すと、よくも今日までこけずに歩んで

きたものだと自分ながら感無量です。

右も左もわからない、東西南北もわきまえられない私たちでしたが、多くの方々

に前から引っ張っていただき、後ろからプッシュしていただき、5歳の娘の成長

と共に私たちも成長させていただきました。

中国では生まれ育った故郷に一番長く21年間お世話になり、幹部会社員時代の県

の所在地龍井市が3年、その後大学大学院の長春が7年間、教師生活の大連外国語

大学が5年ですから、姫路の地に30年間お世話になったことは私の半生において

は大きな意味があるとつくづく感じます。

別に十年偉大なり、二十年恐るべし、三十年歴史になるを強調したいことでは

ありませんが、来日してからの30年間、その節目節目の時にこんなことがあった

なあんなことがあったなと勝手に一人思いに耽る今頃です。