21号台風の後の地震は最悪でした。

雨でゆるくなっている地盤が火山灰だったことも加え、

信じられない土砂崩れが起きた北海道厚真町。

41人の尊い命が奪われ、町は壊滅的な被害を被りました。

謹んでお悔やみ申し上げますと同時に一日も早い復旧を

祈念申し上げます。

一昨日は中国の毛沢東主席逝去42周年の日で

中国では毛主席の功罪が大いに議論されましたが、

どちらかと言えば、功徳を称える文章が圧倒的に多かったです。

文化大革命に対する評価も、これまでの全く災難的からやむを得なかった

に変わりつつあるように思われました。

昨日中国では「教師の日」でにぎわいました。

昔教師をしていたので、いまだにお祝いのメッセージが沢山届きます。

教師を称える日にはなっていますが、特に休みの祝日になることも

ボーナスを上げることもありません。

今日は911同時多発テロの17周年の日ですが、だんだん風化されて

今はメディアもあまり取り上げなくなりました。

あまり思い出したくないことですからだんだん忘れていくのもいいですが、

いまだに911によるとみられるテロが途絶えないのが気がかりです。

天災とも人災とも言われる以上天気による被害、

もう少し安心して暮らせるような日本になってほしいですね。

もう少し安心して海外旅行ができる世の中になってほしいですね。

多愁の秋と言いますが、愁の意味が昔とはだんだん変わってくるように

思うのは私だけでしょうか。