父の日に別の会合が入っていたので、家内の福岡講演を機に昨日

別府温泉行ってきました。

別府温泉といえば、13年前福岡県行橋から別府温泉まで100キロを

夫婦で歩いた思い出の詰まった温泉です。

小倉から別府に向かう途中、わざと行橋で電車を降りて、100キロスタートの

正八幡神社を参拝しました。

懐かしく感慨深いものがありました。

別府駅前には13年前はなかった別府観光の父油屋熊八の銅像が立っていました。

ラグビー世界大会を記念して、銅像に日本ラグビー選手団のユニフォームを着せて

いるのがユニークでした。

今も記憶に新しいですが、別府にゴールインした時には精魂肉体共に疲れ果てて

別府市が無料提供してくれた公衆温泉には入ったものの、湯布院行きのバス停までの

400mが歩けずタクシーを呼ぶほどでした。

しかし、100キロウォークを通じて、得たものは会社の事業においても、個人の

人生においても得難い宝物になっています。

夫婦初めでゆっくり地獄温泉巡りをし、夜は別府の温泉とごちそうを満喫しました。 

幸せな一日でした。

家内からの一足遅い父の日プレゼントでした。