「老後の初心忘るべからず」

初心といえば、若い時の志を指すのが普通ですが、老後の初心とは

私も初めてです。

でも、ゆっくり考えてみれば、還暦を過ぎてからも、これをやってみたいとか

あれに挑戦したいとかがあったことに気づかせてもらいました。

老後の初心といえば、それらしいものが私にもありましたが、今は目の前の

忙しさに追われてすっかり忘れてしまいました。

一つは、還暦を迎えたら本格的にスキーをやることで、もう一つは本格的に

アコーディオンを始めることです。

今からでもやればできないことはないですが、スキーはエベレストのおかげで

始めたいと家内に言えなくなりました。

アコーディオンは、今も家内は奨励していますが、怠けが先行して10年前に

家内が買ってくれたアコーディオンが寂しそうに眠っている状態です。

この度、世阿弥の「老後の初心忘るべからず」に大いに励まされ、スキーは

まだ始めたいという勇気が湧いてきませんが、アコーディオンはスタートして

みたいと思うようになりました。