初心忘るべからず、この言葉を聞いて一番身に染みるのが夫婦の仲です。

大連駅で妻に一目ぼれした私は、この女だったら命を懸けれると決めました。

そしてダムが決壊するような激しい恋を経て結婚し、子供が生まれ、今日に

至りました。雷が落ちるような喧嘩の時もありましたが、多くは自分より相手の

ことを案じ、優先し、ともに苦楽をしてきました。

振り返ってみれば、何十年も一緒にいるとマンネリ化が進み、この女に命を懸けると

した初心を忘れがちでした。

還暦になってやっと昔の初心が甦り、できるだけ妻にやさしくあたたかくして

あげるようになりました。

妻が今何を考え、今何を必要としているかを思うようになり、できるだけ

妻の願望と趣味をかなえてあげようと努力しています。

できるだけ妻が喜ぶようなことをし、できるだけ二人の時間を長く持とうと

努力しています。

二人で何をするかが問題でなく、何をしても楽しく、ハッピータイムになる

ことが大事ではないでしょうか。

これからもこの初心だけは忘れないように心がけたいと思います。つづく。