昨日姫路市飾磨市民会館で兵庫詩吟連盟詩吟大会一次予選大会がありました。

私も詩吟の仲間と参加しましたが、見事に予選落ちでした。

摂南流の知り合いの方が自分の先生を紹介してくれましたので、話を聞いてみたら

詩吟は10年やらないと詩吟にならないと言われました。なるほどとうなずけました。

みんな上手な人ばかりでしたが、仲間の橋爪さんが見事に合格しました。

橋爪さんの詩吟に対する情熱にはいつも脱帽していましたが、中国の古い言葉通り

「工夫不負有心人/努力は人を裏切らない」です。

先のM先生は私の田中昭夫先生を詩吟階のトップだと言われました。

田中先生について10年先を目指してコツコツと頑張っていくと心を新たにしました。