吉中さんの周りにはいつも行動を共にする友人がいました。

家内はそのグループを「吉中軍団」と名付けました。

その後皆さんは、「吉中軍団」としてマルセイ、WAHAHAの会、

気功教室、太極拳教室、木元正均・聖花のイベントに積極的に参加して

いただきました。

吉中さんは料理、お茶、お花、和歌、俳句だけでなく、各イベントの

企画も奇抜的なものがあり、場を盛り上げました。

たまには高校生の制服を用意したり、結婚ドレスを用意したりしました。

私がエベレストに出発するときには、お月様の衛星中継所を経由して、

エベレストのベースキャンプと姫路の家族と吉中軍団とを結ぶ生放送の

絵を書いてくれました。

吉中さんはいつも、喜んでいる私たちを、盛り上がっている皆さんを

嬉しそうに眺めていました。つづく。