吉中さんご夫妻はその後北海道旅行に行ったり、石川の温泉に行ったりして

二人の時間を楽しみました。

4年後ご主人はなくなられますが、吉中静子さんは、3か月の余命が4年以上

伸びたのは木元聖花先生のおかげだと、マルセイとWAHAHAの会のイベントに

積極的に参加しました。

個人的にも私たちの自分の子供のようにかわいがってくれました。

2010年2月6日私と家内は3回目の100キロウォークに挑戦しました。

姫路城から大阪城まで夜通し歩くのです。

出発の時、吉中さんが「木元ご夫妻頑張れ」の大きなプランカートとのぼりを

作って応援に駆け付けてくれました。

胸が熱くなりました。

これまでに三河湾100キロと福岡の行橋から別府までの100キロと2回

歩きましたが、今回が私にとって最強の試練となりました。

と申しますのは、エベレスト挑戦のため、大みそかに吹雪の中燕岳に

登りましたが、右足の太股をけがしてしましました。

2か月ほど経ち普通に歩くのは問題ないですが、100キロとなると

激痛を起こします。右足をかばうとすぐ左足も痛くなり、大阪城に

ゴールインしたときには、精根ともに尽き果ててしましました。

その時、吉中さんが大阪城に迎えに来てくれ、すぐ温泉に連れて

行ってくれました。感極まりありませんでした。つづく。