吉中静子さんとのご縁は今から13年ほど前にさかのぼります。

今は故人となったご主人が肺がん末期で、病院から3か月の余命を

宣告されました。

途方に暮れた吉中さんご夫妻は、わらでもつかむ思いでマルセイの

門をたたきました。

がん患者とその家族を応援する活動(後のNPO法人WAHAHAの会)を

していた家内は、まず吉中さんご夫妻が抱えている悩みを詳しく聞きました。

そして、吉中さんご夫妻と木元聖花3人が一団となって余命3か月の末期がんに

挑みました。

3か月がたちました。ご主人は少しずつ元気を取り戻すようになりました。

そして半年、一年が経ちました。周りの人もお医者さんもびっくり仰天です。

そして平成19年3月に開催された木元聖花出版記念会に、ご主人様には感謝の

スピーチを、吉中静子さんにはお花束と和歌の色紙を贈呈されました。つづく。