去る6月16,17日は地元妻鹿30会の1泊二日の旅行でした。

妻鹿小学校の昭和30年生まれの集まりですが、毎年けんか祭り前の

壮行会と旅行を楽しんでいます。

来年からは花見もするとのことで年に三回集まることになります。

皆さん50年前の童心に戻り、楽しい話でずいぶん盛り上がります。

もらい泣きという言葉がありますが、私はもらい幸せです。

というのは、入会させてもらって5年目ですが、まだまだ皆さんの

会話についていけないのが現状です。

日曜日の朝は朝食の後、すぐ皆さんと別れて神戸に向かいました。

家内がこころの友にしている村山順子さんが2冊目の「人生を変えた

10行の手紙」を上梓され、その出版記念会が神戸メリケンパーク

ホテルで開催されました。

朝元気で広島に出張したご主人がそのまま出張先で夜帰らぬ人と

なりました。4人の子供を抱えどん底に陥りましたが、順子さんは

ご主人が残した10行の手紙に励まされ、立ち直り、起業し、手紙塾を

全国で主宰したりして活躍しています。

持ち前の明るさと裏表のない素直さに惹かれ、いつの間にか家内共々

順子さんのファンになりました。

家内も何度も呼ばれ、スピーチをしたり一役買いました。

順子さんの活躍を心より喜び、陰ながら応援していきたいと思います。

村山さん出版記念会聖花心温まるすばらしい

感謝の集いでした。