私は何度も志朗先生の講演を聞いていますが、戦争の苦労話にもユーモアがにじんで

いました。インドネシアに赴くとき「赤道をまたがってしょんべんすれば長生きするよ」と

言われ、それを実行したら本当に長生きできるようになったとか。

しかし、私に言わせれば、利他の生き方に徹し、人の喜びを我が喜びに、またそれを

生きがいにされてきたのが、志朗先生の長寿の秘訣だと思います。

卆壽を越えてからも俳句教室をいくつも掛け持って指導し、何かに触れては得意の

マジックを披露したり、歌や踊りで場を盛り上げ、参加者を喜ばせました。

去年私は日本の母吉中静子さんを失い、今年は日本の父志朗先生を失いました。

その悲しみは言葉では表しようがありませんが、お二人とも永遠に私の心の中に

生きていることでしょう。

志朗先生の生き方には足元にも及びませんが、少しでも近づけるように襟を正して

「諸悪莫作衆善奉行」に努めてまいる所存ですので、志朗先生にはこれからも天国から

見守っていただきたいと思います。

志朗先生本当にありがとうございました!

心よりご冥福を祈念申し上げます!

合掌。