昨日半年ぶりに山登りをしました。

「忙里偷闲/忙里閑を盗む/忙しさの中で暇を見つける」と言うより、

「山の日」もお盆休みも返上して作業を続けてきたご褒美だと言ったほうが

もっと適切かもしれません。

それに、土日は家内とのどちらかが孫守りをするので、夫婦登山にはなかなか

いけませんでした。

良い天気にも恵まれ、なかなか快適な山行でした。

私も家内も大山は何度も登っていますが、何回登っても飽きません。

名実通りの伯耆の富士です。

山頂付近にはアジサイが残っていたり、高山植物が鮮やかに美を競っていました。

昨日はお子さん連れの家族登山が何組もありましたが、5歳の元気な男の子に、

この子の居場所が分かったというお母さんの顔は輝いていました。

中で一番感動したのは、広島から来た親子4人の家族登山でした。

(ごめんなさい。写真のもとは立っているのにブログに入れると横になってしまう)

長男が赤ちゃんだった時も、息子を背負っていろんな山に登ったそうです。

幸せが顔に溢れんばかりのお父さんの笑顔が本当に素敵でした。

本当に幸せな一日でした。