2月4日は立春ですが、今日も寒い一日です。

(株)インパムの岩田冨士夫会長は新入社員の面接試験に

「両親の足を洗ってあげたことがあるか」質問するそうです。

「ない」と答えた人には、「今日中に両親の足を洗ってあげて

その感想を書いて明日もう一度きてください」と宿題を出すそうです。

親の恩を忘れないように、感謝の心を忘れないように、そして

自分の源を大切にする人、縦軸と横軸を大切にする人を求めて育てます。

先日岩田会長が弊社に来られましたので、なぜ新入社員に両親の足を

洗わせるかについて直に教えていただきました。

「企業の価値は人財で決まると考えます。社員は企業の財産であるからこそ、

人材を「人財」と呼んでいますが、現在の会社を代表者一人で運営することは

不可能であり、社員がいるからこそ企業として成り立つことができます。

たがいに感謝し、思いやりのある行動が取れる社員となってほしいという

願いから「両親の足を洗う」ことを通じて、両親への想い、感謝の心に

気づいてもらうきっかけとして行っています。」

昨年年末に台湾掃除に学ぶ会の視察団が100人余り京都で合宿しましたが、

日本企業の見学は岡山の(株)インパムで行われたそうです。

エベレスト講演で岩田会長にご縁をいただきましたことを、人生の素晴らしい

先輩に出逢えましたことを心より感謝しています。