今日は中国の七夕祭りです。

中国式のバレンタインデーですが、プロポーズの日としても人気があるようです。

一昨日の8月15日は終戦の日として、日本各地でいろんな催しが行われましたが、

私の故郷では敬老の日として大いに盛り上がりました。

会社は昨日までが盆休みで、今日は盆休み期間中たまった発送に追われています。

昨晩は夏が始まって以来はじめてすずしく気持ちよく眠れました。

工場の周辺では鈴虫の鳴き声が聞こえ、朝の散歩では鰯雲というか鱗雲に出合え、

田んぼの稲穂とともにあらためて秋の気配を感じました。

現場作業ではまだまだ暑く、びしょ濡れになって作業をしていますが、どことなく

秋の足音が聞こえそうで、いましばらくの辛抱と思うと気が楽になります。

そんな中、暑さを吹っ飛ばすうれしいニュースが入ってきました。

親しくさせていただいている株式会社イボキンの高橋克実社長から、株式上場の

手紙が届きました。さっそく家族会の皆さんに電話を入れながらお祝い会を

企画しています。

廃鉄金属業界で株式上場を果たすことがどれだけ大変なことかを思うと

高橋さんの人間力と不撓不屈の創業精神に自然に頭が下がります。

七夕のプロポーズではない、七夕の上場ニュースでした。

今年は格別に意義ある七夕を迎えることが出来、うれしい限りです。