日本中が沸いています。

西野ジャパンはサッカー強国のコロンビアを2対1で下し、

2対2でアフリカの難敵セネガルと引き分けました。

コロンビア戦では、人数的に有利だったこともあり、幸いという

感もありましたが、セネガルとの戦いは、日本サッカーに対する

世界の評価が大いに変わったような気がしてなりません。

名実通りの侍ジャパンを世界に余すところなく誇示した試合に

なったのではと思います。

ワールドカップ本田次のポーランド戦でも

ぜひ勝ち抜き、史上初の

ベスト16強入りを果たすよう

願ってやみません。

ところで、世界のGDPナンバーワンの

米国とナンバーツーの中国がロシア

ワールドカップに出場できません。そこで四つ文字熟語「美中不足」に新しい

解釈が生まれました。

「美中不足」は、「玉に傷」の意味で、非の打ちところがないですが、どこか

物足りない、これが本来の意味です。

ところが、美⇒米国、中⇒中国、不⇒しない、足⇒足球⇒サッカーの文字通りの

解釈で、世界GDP1位、2位国がサッカーが下手で、ロシアワールドカップに

出場できなかったことを皮肉しています。

日本がもっともっと頑張って、アジアのサッカー貧国のレッテルを破り捨てる

ことを念じてやみません。