今朝の日本×ベルギー戦にはテレビの前にくぎ付けになって応援しました。

結果的には敗戦となりましたが、日本選手たちの素晴らしいプレイに

感心感動の連続でした。

サッカー応援に我を忘れて大声を連発したのは何十年ぶりでしょうか。

サッカーは弟とはちがって決して上手ではありませんが、一旦球場に立てば

根性と体力だけは自他公認の「拼命三郎/命知らずの三男坊」でした。

今日の先発イレブンも、交代の選手も、日の丸を背負って勇敢に戦う

立派な戦士でした。金額で選手のレベルを評価するのはいかがとは思いますが、

日本代表選手の移籍金が100億円になるに対して、ベルギーチームは

1000億円になるそうです。

いわば10倍も格上のチームとの戦いに、日の丸選手たちは怯むことなく

果敢に立ち向かい、見事な連係プレイで2点を先制しました。

このままゲームオーバになってほしかったのはすべての日本人の願いだったと

思いますが、このワールドカップの壁の厚さ、高さに次世代のイレブンが

もっと奮起し、次回、または次々回の時には立派な決勝戦で日本全土、

全国民に勇気と夢を与えてほしいと願ってやみません。

ありがとう、日本の戦士たち!

日本の戦士たちに幸あれ!