栗城さんが5度目のエベレスト挑戦に臨みました。

4度目の挑戦で凍傷を負い、右の親指を除いた9本を指を

切断しました。

それでもエベレストの夢をあきらめることができず、

今年の8月の下旬エベレストに向かって出発しました。

栗城さんは無酸素単独登山ですので、私がエベレストに登るより

何十倍も過酷で、危険です。

9月27日最後のアッタクをインターネットで生中継するということで

楽しみにしていましたが、結局雪が深くサウスコール(8000m)まで

いけず、登頂を断念して下山しました。

応援者の一人として何とも言えない心情です。

勇気ある撤退でよくやったと言いたいところですが、

雪が深くラッセルが大変で下山したというのは、ちょっと腑に落ちません。

登山にラッセルはつきもので、もう一日の予定を入れていれば、サウスコールに

辿り着いたかもしれません。サウスコールは風が強いから

雪がほとんど飛ばされているはずです。

栗城さんはこれまでに5回挑戦していますが、5回ともサウスコールまで

来ていません。サウスコールからも848mの高度差の危険関門がいくつもあるのに

やはり全体的に甘さがあったのではと思わざるを得ません。

3度目の挑戦の時には、インターネット生中継の大阪会場で、私が先に

エベレスト講演をし、それから栗城さんの登頂シーンを私が解説する予定でした。

これはどうでもよいですが、栗城さんをサポートしてベースキャンプまで同行している

方の中には、エベレスト登頂者もいると聞いています。

5回ともなると、これはそこらの里山に行ってきますとは違いますので、

彼らのアドバイスはなんだったのか思われて仕方がありません。

栗城さんは登頂するまでエベレストをあきらめないと思いますが、

そして必ず登頂すると信じていますが、またこれからも応援を続けたいと

思いますが、本気で真剣にエベレストと向き合ってほしいと思います。

(写真中央がチョモランマ/エベレスト8848m・チベット久烏拉峠5100mから

木元撮/2011年4月9日)