島崎藤村はふるさとを

「血につながるふるさと

 心につながるふるさと

 言葉につながるふるさと」と表現しました。

先日娘夫妻を連れてふるさとに帰り、父と母に報告かたがた

お墓参りをしました。

いつものことですが、車を走らせて遠くにふるさとの山々が

見えてくると、胸がときめき、毎日のように駆け巡った在りし日に

思いをはせます。

大変な幼年期と青春時代でしたが、ふるさとの水で骨が太くなり、

ふるさとの空気で夢を膨らましました。

21歳の時ふるさとを出てすでに40年近くなりますが、ふるさとを

忘れたことは一度たりともありません。

ふるさとの恩は泰山のように重いですが、いまだに何一つ恩返しが

出来ていません。心の隅にはいつも申し訳ない思いが残っています。

姫路に来てすでに24年が過ぎました。

アメリカの1年余りと東京の1年余りを除いても姫路での生活が

ふるさとの生活期間を越え、揺るぎない第2のふるさとになりました。

多くの方々に良縁をいただき、娘も無事に巣立ちできたことに

心から感謝しています。また心から愛しています。

私が、私の家族が生活していくうえに、この二つの

ふるさとは、渇いた時にのどを潤してくれる泉のように

勇気と希望を与えてくれることでしょう。

(写真長姉が庭園で育てた唐茄子の前で妻と娘)