今日たつの市立揖保川公民館で講演させていただきました。

主催団体はたつの市立本條自治会館のじゃがいもキャンパス。

これまでにかえで学園とか、ひまわり学園とかの高齢者大学で講演したことは多々あり

ますが、野菜の名をとった団体で講演するのははじめてです。なかなかあたたかい温

みを感じさせる学びの会でした。また、今回講演の依頼をいただいたK館長様、実行委

員会のみなさんもあったかい方ばかりでした。

ちなみに、今回の講演は新型コロナウイルスで3,4,5月予定の講演がキャンセルか

延期になっていらいの初講演でした。

もう一つ初が付きますが、それは参加者も、司会者も、講話者も全員マスク姿。

普段の講演は皆さんの表情が見て取れて、自分の講演がどれくらい伝わっているかが

瞬時にわかりますが、みなさんマスクをしているのでわかりにくかったです。でも皆さん

の目の視線からある程度読み取ることができました。

それより大変だったのは、マスクをして講演することでした。体が熱くなり、講演が

終わった時には全身びしょぬれでした。

でも、この三つの初体験は貴重な糧となり、今後の講演に役立つことでしょう。

いつものことですが、今回の講演も「自分の命を大切に、家族と周りの人たちの命を

大切に、そこから生まれる自分への愛、親子愛、夫婦愛、人間愛を大切に、またそこか

ら生まれる絆を大切にしなさい」と自分に言い聞かせた講演でもありました。

講演の後、講師控室にきて、コロナウィルスで大変ですがぜひ握手させてくださいと

マスクを取って記念写真を求めるお母さんがいました。滋賀の友人に今日の話と写真

を共有したいとか。私のほうが目頭が熱くなりました。

今日の講演がどんな反響だったかはわかりませんが、この大事な三つの体験を

させてくれたK館長に感謝また感謝しながら家路に付きました。