一昨日倉敷市真備町に行ってきました。

やっとボランティア受け入れ態勢が整え、岡山県外からも

支援に行けるようになりました。

テレビで真備町の被災ニュースもよく見ていましたが、

その現場を目の当たりにすると目が潤んできました。

真備町も60人近くの方が遭難し、行方不明者も8人です。

私は小田川土堤決壊口が見えるKさんの家に高知からの

6人のボランティアメンバーと一緒に行きました。

洪水に浸かった畳や家具を2回から降ろしたり、床下や廊下の泥を除去したり

しましたが、36度近い炎天下ズボンとシャツが重たく感じるくらい汗を

搔かせていただきました。

35歳の高知県県議も他の5人の仲間もなかなか働き者でした。中には

高知倫理法人会の方が3人いて私が東高知倫理法人会で講話したとき、

私のエベレストの話を聞いた人もいました。不思議な縁に驚きました。

一夜にして家族を失い、家屋を失った被災地の人々の心境を思うと

心が痛みます。

被災地の皆様の一日も早い立ち直りと復興を念じてやみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水に使った畳は男4人がかりでやっと

2階から降ろすことができました。

帰り際Kさん夫妻から親族の方から

沢山お礼を言われましたが、皆さんの

不屈の精神に却って勇気とパワーを

いただきました。頑張ろうKさん!がんばろう真備町!