今姫路城では11月6日まで菊花展を開催しています。

去る10月21日大学の同級生を姫路城に案内した際には、

花はまだ小ぶりで月末頃がピークの満開になると言われました。

菊とおしんは何の関係もありませんが、今回の同級生のLさんが

ヤオハンと関係があり、酒の席でおしんの話まで及びましたので

タイトルを「おしん⇒ヤオハン」にしました。

映画やドラマの「おしん」は日本で反響が大きかったと聞いていますが、中国でもものすごい反響がありました。

振り返ってみれば、今から20年ほど前私は香港と上海にあるヤオハン本部を

訪ねました。

年商5000億円に達し、飛ぶ鳥を落とす勢いで中国事業を展開していた

ヤオハンでしたから、播磨のお酒を中国ヤオハンのショッピングモールで売って

くれと頼むのは至難の業というより、不可能に近い話でした。

当時Lさんはヤオハン中国事業本部長を任されており、われわれ吉林大学日本語

学科のホープでした。

Lさんの計らいで和田一夫社長にお会いすることができ、Lさんも姫路まで足を運んで

酒蔵を見学視察しました。

ヤオハンがもう一年頑張ってくれればといいながらも、日本のバブルと

和田社長のワンマンによるところが大きかったとLさんが意味深長に言いました。

上海第一ヤオハンショッピングモールは、今も人気がありますが、ヤオハンの

当時の目標は中国全土に1000店舗同様のショッピングモールを展開することでした。

結局日本のヤオハンが足を引っ張り、ヤオハンは倒れてしまい、Lさんが中国事業の

後始末のため最後までヤオハンに残りました。

今もLさんは日中交流の橋渡し役を担って上海で頑張っていますが、

今自分に課された使命や生き方、希望と目標を語るLさんの顔は明るく、

目はきらきら輝いていました。

家内とも意気投合して、日中両国の話を肴にお酒がどんどん進みました。

有意義な秋晴れの一時でした。