今日京田辺の近くにある会社を訪問した後、一休寺を訪ねました。

一休禅師の作とされる石碑に

「諸悪莫作 衆善奉行」と書いてありました。

悪いことはせずによい事をしなさいとの意味ですが、

深く考えさせられました。

李白、杜甫に並んで日本でも有名な唐の詩人白楽天が地方の知事をしていたとき、

かねてから尊敬していた道林禅師を訪ねました。

白楽天が仏教の極意を教えてくださいとお願いしたら、

「諸悪莫作 衆善奉行」と道林禅師が答えました。

「そんなことは3歳の子供でも知っていますよ」

と白楽天が笑いましたら、

「3歳の子供が知っていることを、80歳の老翁が出来ていませんよ」

と道林禅師が叱りました。

これで白楽天は大いに悟り、松の木の上で生活している

道林禅師に立派なお寺を立ててあげたそうです。

頓智の少年和尚一休のイメージしかなかった一休寺で

人生の原点を忘れないように警鐘を鳴らしてもらいました。