連日厳しい残暑が猛威を振るっていますが、立秋を過ぎてからの30度を過ぎる残暑を

虎の怖さに例えて「秋老虎」と言います。

立秋の時刻が昼の時には「雄虎」と言い;立秋の時刻が夜の時には「雌虎」と言われ、

雌虎の方が雄虎よりもっと怖いので雌虎の年の方がもっと熱いそうです。

今年の立秋は8月7日午前9:06(日本時間10:06)で雄虎のはずですが、連日の35

度を超える猛暑、27度を超える熱帯夜は雌虎に劣らないのでは。

10年ほど前のお盆休みには、南アルプス全山縦走を敢行し、日本100名山、300名山を

一筆書き完登している田中陽希のこの区間の記録を大いに超えるタイムで完走しまし

た。秋の虎がどうやら、筋肉痛関節痛がどうやら、熊との鉢合わせがどうやらは二の次

で、いかに目の前の一歩を安全に踏み出し、いかに安全にゴールインして姫路に戻る

ことしかありませんでした。

長野の易老渡登山口を皮切りに、光岳、聖岳、赤石岳、悪沢岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ

岳、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山を踏破し、予定より1日早く下山しました。

お盆休みの最後の一日を残して家に帰るのはもったいないと思い、家内に明日もう一

日山に登って帰ると電話したら、電話の向こうで家内が泣いていたので、登山をあきら

めてそのまま家に帰りました。明日の登山で闘志を燃やしていたのですが、家に帰ると

決めたとたんに一気に疲れが出てしまって歩くことさえままならぬでした。

10年たった今年のお盆休みは、新型コロナウイルスのこともあって、最初の二日間は

会社の仕事、あとの二日間はかわいい孫と過ごす、あの激走のお盆とは天で違う

平和な癒しのお盆休みでした。